FC2ブログ

ノイズ

重要なことなんだが、
オーディオ業界は「ノイズが乗っても、ノイズを消せる」と本気で思ってるだろ。

おいら、全く違う業界に飛び込んで、色んな知識と技術を身に付けてきたんだが、
オーディオ業界は「ノイズ」の概念を間違えている。

ホント、消費者はいい迷惑だ。


ハッキリ言うんだが、
1) オーディオの120kHzは「低周波」に分類される。
2) 低周波に混入したノイズを「特異的に消す」方法は存在しない。
3) そもそも、ノイズについて簡単に考えすぎている。
以上


子供騙しのポエムを、業界雑誌や評論家が「真面目に」書いてることは、本当に問題だと思う。

やっぱ、何事も「業界で一番」の人間に教えを乞うことが一番だ。
地獄のような日々だったが。w

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



ACアダプターによる入力電圧の違い

FX-AUDIO- FX202A/FX-36A PRO
https://amzn.to/2RLJ8gC
のように、ACアダプターでDC電源を入力する機器というのは、
「入力電圧による音の違い」が議論の対象になる。

というわけで、今日のネタはコレです。

このアンプの場合、12-24V対応なんで、24V入力の音の方が良いと言われてる。
一方、販売側は大差無いと言っている。

その答えはケースバイケース。


ケース1)

入力された電圧が、レギュレータによって指定電圧に減圧されている場合、
12Vを入れても、24Vを入れても、結局9Vで内部は駆動されていたりする。
むしろ、24-9Vの差が「熱」になるのだから、12V入力の方が良いんじゃないか?とすら思える。

デジタル機器に多く見られる、「このブロックは◯V駆動」という配置分けがあって、
12V, 9V, 5V, 3.3Vなどにレギュレートされた上で使われたりする。

まあ、機械の中にレギュレータがあったら、わざわざ24V電源を買う必要は無いってことだ。


ケース2)

「入力電圧=ICを駆動する電圧」の場合。
ICは、動作範囲内ならば電圧が高い方がダイナミックな音になる。
まあ、雑音の量が変わったり、多々変化するということです。

パワーICもそうであるし、オペアンプも同じく。
この場合、入力電圧がダイレクトに音に反映されるわけ。

「24Vが良い」じゃなくて、「どの電圧が好みなの?」と言った方が正しいよな。
故 江川三郎氏の「減電圧駆動」が、まさにこれだ。
江川氏は、減電圧の音が好きだった、という簡単な話で「良し悪し」の問題じゃない。

波形上、「上向きの山」と「下向きの山」の互いの高さを下げてやれば、上下の幅がグッと狭まる。
ダイナミックさが無くなる代わりに、「平坦」に近付く。
それを「滑らかになった」と表現した村井君だが、
ICの特性をdatasheetで見るだけで、音を聴かずとも、
どんな変化をするかは一目瞭然というわけだ。

100Vの10%減くらい(90V)が良い、なんて言われたりしたものだが、
電圧を下げすぎたら動作しなくなるんだから、当然だ。w
もちろん、内部の電圧全てが「減電圧されていた」かは、神のみぞ知るところで、
CDPを減電圧駆動したところで、レギュレータ出力の「9V」が「8.1V」に減電圧されるとは思わないが、(爆
ケース2)のように、アンプの最終段パワートランジスタが10%減電圧で動作されれば、当然音も変わる。

まあ、そんだけの話です。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村



FX Audioアンプの音質

3980円の安いアンプです。
FX-AUDIO- FX202A/FX-36A PRO
https://amzn.to/2RLJ8gC

メインSPで確認したわけではないですが、過去に実験で使ったSPなので、おおよそのアンプの音質は分かります。

まず、ワイドレンジで上から下まで伸びるアンプじゃ無いということです。
しかしながら、おいらのメインアンプ(改造ver)は、純正無改造状態で「ひどいかまぼこサウンド」なのに、評論家がワイドレンジと絶賛しているので、
評論家基準で言えば、FX Audioは価格枠を飛び越えたワイドレンジなアンプです。
音場は、結構きれいに描写されます。

このアンプ、ゲイン(増幅率)の変更が出来ます。
ヘッドフォン出力でも、「ニアフィールドリスニング以上」の音量まで増幅できますんで、アンプ(増幅器)としての役割は十分果たしています。

テレビ用、パソコン用などに導入するのは、大いに結構なレベルだと思います。
で、気になった方は、メインシステムに繋いでみる。
そんな始まりでいいと思います。なんせ4000円以下のアンプなんで。

まあ、おいらは改造ベースに使える程度だと思いますんで、「アンプ修理中」とか、「突然の故障」とか、そういう用途で「代車代わりに使う」ところから始まるのもアリだと思います。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

白内障でも分かる「8Kの優位性」

皮肉交じりに言うんだが、
和歌山 岩出の犯罪系オーディオ屋の店主は、中高年の客(マニア含む)をクソ耳扱いして貶しているんだが、
かと言って、おいらが実体験したところ、こも店主こそ真のクソ耳だ。w

そもそも、年齢の問題というのは、加齢で高域が聴こえなくなるとは言っても、大部分の楽器の基音は聴こえているわけで、「聴こえてる音階そのものがズレてる」ような、致命的なレベルにまで至らない。

そのような背景があるにも関わらず、「加齢イコール」で結びつける無知な店主が、エラソーに客を中傷しているオーディオ業界に問題があるんだが、
「店が客を選ぶ」というスタンスが、露骨に顕在化した姿の必然のなり行きだろう。

そのスタンスを全面的に支持するパイオニアあたりは、企業としてもクソレベルなので、自然淘汰されてしまえばいい。


さて、そんなことよりも、加齢変化による白内障は、水晶体の外周部から白濁してくるんだが、
おいらのように相当早い時期に起こる白内障は、水晶体の中心部から白濁してくる。
若年性(としても早すぎる)の場合、一番メジャーな原因は「アトピー」と言われている。「糖尿病」もそうだ。

例外的なものとして、「放射線被曝」。
おいらの場合、劣化ウラン被曝だろうが、
イチエフの事故で食品とともにばら撒かれたのが「核燃料の主成分 劣化ウラン」である。

劣化ウランというのは、水に溶ける性質があって、蛍光イエローの水溶液になる。
水に溶けるということは、植物が吸い込んで出荷される。
問題なのは、食品放射能検査(γ線シンチレーション検査)に殆ど無反応なことで、γ線検査NDでも、β線検査、α線検査で凄まじいcpmをカウントしたりする。
まあ、実際測ったらそうだったんだが、動画もあるんで証明は簡単だ。

8Kは、4K HDRあたりと比較しても、圧倒的な差があるんだが、
この差は白内障でも分かるレベルのものだと、ハッキリしてしまった。

オーディオでも同じことが言えるわけで、
松崎のような自称プロ店主が「中高年はクソ耳(自分が一番)」と言ったところで、
若くてもクソ耳な奴はクソ耳なんだから、評価に耳を貸すこともない。

彼らは、仲間たちと自作自演をするのがセオリーだから、
「サクラ」「ネズミ講」みたいなもんで、共犯者が多々いるということで、
消費者自身が適切な評価手法を身に付けるように、業界を刷新していくことが重要だと考える。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村

ipadのクソ機能

一番イライラする機能があって、
「勝手に明るさを自動調節(明るくする)」機能というのが、非常に迷惑で、
ムチャクチャ腹が立つんだよな。
※iOS 10.8

要するに、「勝手に理想的な明るさに強制変更される」と眩し過ぎるわけ。
液晶がちょー眩しいんで、どうにかしろよ、とマジで思う。

まあ、白内障と言われれば納得だ。
眩しさを感じ、視界がクリアーじゃ無い、まさに典型的な症状です。

問題は、白内障以外もあるっていうことなんだが。

放射線は水晶体濁らせるんだが、水晶体には血管が無いので、影響を受けやすいと言われている。
卵を皿に入れてレンジでチンすると白濁するが、原理は一緒だ。

にほんブログ村 P  C家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログ ホームシアターへ
にほんブログ村